デイトレとスキャルピング

FXにはいろいろなスタイルのトレードがあります。一般的に知名度が高いスタイルといえばデイトレです。

デイトレはその日の市場の流れを読んで、数時間から半日程度で利益を出すトレードのことです。市場は毎日天気のように移り変わるもので、昨日は晴れだった相場が今日は雨なんてことが多々あります。長期保有ではこのような変化に対応することはできませんが、デイトレなら突発的な変化をチャンスと捉えて利益を上げることが可能です。

デイトレよりも更に取引スパンが短く、数秒から数分で利益を出すトレードスタイルをスキャルピングといいます。スキャルピングはその日一日の動きすらも予測が困難な時に、とりあえず目の前の値動きなら対応できるのではないかという考えをもとにトレードするものです。

すぐに利益を出せるので精神的な負担が少なく、強気、弱気、様子見といった相場の雰囲気にも左右されにくい特徴があります。

スキャルピングの欠点としては性質上どうしてもトレード回数が多くなるため、スプレッドによるコストがかかりやすいところです。

デイトレである程度まとまった利益を狙うか、スキャルピングで精神的な負担を軽くすることを優先させるかはトレードしていくうちに自然と分かってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です