トレーダーレベルにあわせて自動売買が最適

お金を投資したいけれど毎日為替レートをチェックする時間がないという人には、自動売買が向いているかもしれません。自動売買とはFXの買い、そして売りを自動化してくれるもので一部のFX会社が取り入れていたりと最近のFXは自動化がマストになっています。

自動売買のメリットはやはりトレーダーが為替レートが動くたびに行動を起こさなくてもデータ入力したものをもとにきちんと取引してくれるといえところではないでしょうか。

これにともない毎日、毎時間と為替レートのチェックすることが義務のように感じてしまっているという人でも簡単にFXを継続していくことができるというわけです。

もちろんFXはさまざまな為替レートがあり過去のデータてあわないこともあるかもしれませんが、為替レートは感よりもデータのほうが信頼性があるのも事実です。

トレーダーのレベルによっては自動売買ほほうが利益をあげることができるのも確かですし、利用価値は高いといえるのではないでしょうか。

地方でも投資

長年都心部で暮らして、去年から転勤で地方にやってきました。FXは転勤前からスワップ狙いで続けて取引しており今後も続けていくつもりでした。

ただ、都心に住んでいた時はFX仲間もたくさんいましたし、金融機関のセミナーに出掛けて勉強も出来ていたので、情報の面で地方での取引には若干の不安はありました。

しかし、そんな不安もどこ吹く風で情報はしっかりインターネットから探し出すような癖がついてきました。現在は地方でもネット環境が整っているので、世界中の国際情勢や経済ニュースの情報が手に入ります。

私はスワップ狙いなのでニュージーランドドルが急激に下げた時に積み増すような買い方をして投資を続けています。決済のタイミングは50ピプス以上平均買値より上昇したら利益確定しています。

最近は南アフリカの通貨であるランドにも興味が出てきて投資をしようと考えています。

転勤の期間が終わるまでしっかり利益を出し続けて投資を楽しんでいこうと思います。

取引の期間は自分で決める。

FX取引の魅力の一つに決済期間が決まっていなことが挙げられます。

自分が注文してから約定して、その後決済するまで一連の取引は自分の思ったタイミングでおこなうことができます。

当然決済するときは必ず利益が乗っているとは限らず、プラスマイナスゼロの時もあれば損切りすることもあります。どのような戦略をとっていくかは自分次第ですし、数年単位で取引していくことも可能です。長期間買いポジションを持っているとスワップポイントという金利のようなものを得ることができます。

これは各国の金利差が広がっていた方が多く金利をもらうことができます。日本の金利は普通金利でもゼロ%近くなので、これよりも金利が高いブラジルやトルコなどの高金利通貨で運用すると多くスワップがもらえることになります。

留意点としては、売りポジションを保有しているときは反対にスワップを支払わなければならないので覚えておくようにしましょう。

自分にあった取引スタイルを見つけることが利益獲得への近道です。

短いFXの人生

初めてFXに出会ったのが8年前くらいでした。周りの人(会社の同僚)が何人かやっていて、ちょっとした副収入になるということだったので、自分もやってみようと始めたのです。

まずは、用語勉強からやって、スワップやレバレッジの意味、そしてドル円ポンド円からユーロドル、まさに意味不明でした。

まず、本を適当に10冊位買ったのはいいのですが、仕掛けの戦略やらリスク管理やら、始めるまで何年かかるのだろうか・・・と思いました。

そこで会社の同僚に、どのタイミングで売買したらいいのか?と質問すると、同僚は「いつでもいいよw30万くらいから始めては?」
とあっさり返ってきたので、なーんだそんなもんか!と思い、fxの口座を開設して、適当に取引をしました。

しかし問題が発生・・・、いつ売っていいのか?いつ買っていいのか?これがさっぱり分かりません。恐る恐るクリックして、+100になったり-100になったり、まったく取引している実感が沸きません。

「なんだFXって面白くないじゃん!レバレッジ全力でやってみよう、どうせ30万くらい減ってもいいや!」←アホです

そして、2回目の取引から-5000円位から始まって-40000円になってお祈りをしておりました。早くロスカットすることができずに、そのままパソコンの電源をシャットアウト。明日になってれば10万くらい増えているかも・・・なんて安易に考えて、朝一番にPCの電源を立ち上げると-160000円という表示になっており、ひとまず会社を休んで、FX業者に電話をし、追証を払わないとなんたらという説明を受け、俺は何でFXなんか始めたんだろう・・・と、その日、後悔で1日中落ち込んだことがありました。

実はその後も、本を熟読し、勉強するも、半年で諦め、現在に至ります。難しいわ~FX

また機会があったらやってみようとは思ってます。

デイトレとスキャルピング

FXにはいろいろなスタイルのトレードがあります。一般的に知名度が高いスタイルといえばデイトレです。

デイトレはその日の市場の流れを読んで、数時間から半日程度で利益を出すトレードのことです。市場は毎日天気のように移り変わるもので、昨日は晴れだった相場が今日は雨なんてことが多々あります。長期保有ではこのような変化に対応することはできませんが、デイトレなら突発的な変化をチャンスと捉えて利益を上げることが可能です。

デイトレよりも更に取引スパンが短く、数秒から数分で利益を出すトレードスタイルをスキャルピングといいます。スキャルピングはその日一日の動きすらも予測が困難な時に、とりあえず目の前の値動きなら対応できるのではないかという考えをもとにトレードするものです。

すぐに利益を出せるので精神的な負担が少なく、強気、弱気、様子見といった相場の雰囲気にも左右されにくい特徴があります。

スキャルピングの欠点としては性質上どうしてもトレード回数が多くなるため、スプレッドによるコストがかかりやすいところです。

デイトレである程度まとまった利益を狙うか、スキャルピングで精神的な負担を軽くすることを優先させるかはトレードしていくうちに自然と分かってきます。

FXはギャンブルではない

FXを初めて耳にする人はFXが何であるかわかりづらい面もあると思いますが簡単に言うとFXとは投資のことを言います。

では何に対して投資を行うのかというとものに対してではなくお金に対して投資していくものです。

様々な多くのFXの会社に口座開設を行うことにより条件が一番良いFX会社に自分の資金を預け取引をすることです。

FX会社というものは手数料が毎月変更しますのでこの手数料により為替差益が生じますのでそこに損益が出て来ることになります。

よくFXはギャンブルのようにとらわれがちですがFXはギャンブルではありません。 ギャンブルの様に勝つか負けるかでは無く資産運用だと自覚し学んで行くことがFXを始めるにあたって大切です。